テレビゲームの記憶について

私はゲームで遊ぶことが多かったです。子供の頃からゲームが好きでそれについて遊ぶことは多かったですね。友人からせがれいじりというゲームを借りて遊んだこともありました。プレイステーションのゲームなのですが、とても楽しかった記憶があります。文章を作成していくゲームなのですが、かなり個性的でセンスの光る作品だと思いました。雰囲気がまったりしていてゆっくり遊ぶのに適しているゲームだなと感じましたね。

懐かしい記憶です。当時はソニーのプレイステーションには勢いがありました。そして、面白いゲームがどんどん発売されていきました。ポポロクロイス物語やモンスターファーム、Gジェネレーションなどが面白かったです。スーパーファミコンからワンランクパワーアップしたゲーム機であると思いました。容量が多くなったのでムービーが挿入されるようにもなりましたね。ファイナルファンタジー7が発売されたのも印象的です。私は買わなかったのですけれどね。

グラフィックは今見るとちょっと粗いかなと思うこともあります。でも、ゲームはグラフィックだけではありません。ストーリーやゲーム性は衰えることはありません。名作はいつまでたっても色褪せないということが分かりますね。

これからもいろいろな名作を探して行動していきたいと思います。面白いゲームを発見できたらそれはいいことですし、大いに喜んでいいことだと思いました。今はもうプレイステーション4まで出てしまいましたね。それを手に入れるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です