安かろう・・

とある大手コンビニチェーンがプライベートブランド(PB)として販売しているスマホ用充電器が発火事故を起こしたと言う報告があり、22万個もの同商品が回収される事態になっています。
PBといえば、出始めの頃は食品類がメインだったと思いますが「自社開発商品なので各種コストが抑えられ、他の商品に比べて格段に安い」と言う風なことがテレビなどで盛んに流れていた記憶があります。

しかし最近になり、その安さの最大の秘密が近年日本と非常に険悪になっている某お隣の国で安く作っているからと言う事が明るみになってきました。
いくら安いとはいえ、衛生観念がほとんど重要視されない上国是や国民感情の一番根深い部分に「反日」が組み込まれているような国で作られた食品を購入して口にしたいと思う日本人がどれだけ居るのでしょうか?

また、その国で作られたスマホなどの最新電子機器は発火事故を非常に起こしやすいのも知られてきています。

最初に挙げたコンビニチェーンの会社とは別の大手スーパー・デパートを抱えるグループは、このPB商品の原産国隠しと言う事をずっとやっており、隠す理由がお隣のあの国絡みだからと言う事がバレた事により企業イメージは物凄い勢いで地に落ちました。

経営者一族の輩出した有名政治家が、そのお隣の国に対して異常に有利な事をばかりをやる政権政党の一翼を担っていたこともイメージを加速させています。
信頼を積み上げるのには長い時間が掛かり、崩すのは一瞬なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です